tsumu26u’s blog

ブログ新しくしました

石見グランフォンド

5時過ぎ起床。
5:30朝食。
朝食もうまい。ご飯をおかわり。
出来るだけ食べておく。
準備を済ませて6時過ぎ宿発。
天気予報が外れて雨が降る。
会場について最終準備。
補給食、ウェア、自転車。
アームウォーマーをつけていくかギリギリまで悩んだが結局なしで。
ブリーフィング途中でなんだか寒くなってくる。
スタートまで時間がない、さらに車まで遠いのでもう諦める。


・石見グランフォンド
  199.47km、7時間35分、26.3km/h、154拍、81回転、獲得標高2836m


7:15から順にスタート。
僕達は7:20頃にスタート。
どうせ大田市内は渋滞なのでむきにならずにマイペースで。
町から出て、いきなり僕とワタナベ君が信号のタイミングで前の3人とはぐれてしまった。
前は大きい集団になってしまって追いつけなくはないけど一人で行くわけにもいかない。
ASで追いつくから、とそのままマイペース。
と少しずつ登り始めたところで雨が本降りに。
第1ASではもうびちょびちょ。
ジッとしていると冷えるので、サインと補給をすませて直ぐに出発。
第2ASまでは上りも少ないのでちょっとハイペースで。
寒いのでトイレも近い。トイレを済ませ出発。
ここから山の始まり。
長い上りを越えるとすぐさま石見高原林道。
霧がかかって視界10mぐらい?
先の見えない上りを進む。先が見えないせいか去年より長く感じる。
雨の影響でパンクもチラホラ。
ベルマーレの選手もパンクしてた。
登りきった辺りで先に行ってしまった弟発見。
だいぶ先に行ったはずだったがどういうわけか追いついた。
その後福田さんも吸収。
下りに入り、一面落ち葉、急勾配、急カーブの下りを慎重に進み邑南町役場まで。
ここいらでようやく晴れ間が見えてきた。
昼食が今年はおにぎり4つとバナナ。さらに全て違う味!!
去年の揚げ物いっぱいのお弁当より、こっちがいい。
みんな揃って縄文村まで給水をして下り。
先頭を切って下ったはいいが、ちょっと集中力が切れかけていたところで何気なく右カーブ。
あ、曲がれない。
崖に落ちた。
行き過ぎていくみんなが見えるが動けず。
右腕にすこしの内出血ぐらいで、自転車は無傷。不幸中の幸い。
すぐ後ろの福田さんが気付いてくれて引き返してくれた。
岩見さんも待っててくれて。すんませんでした。
さて、ここから一人旅の始まり。
江の川手前の峠頂上付近でリアのチェーン落ち。
冷静におりて直す。で走り出すとまた落ちた。
こけた。。。膝に擦り傷。
さすがに立て続けに2回落ちると焦る。
もう一度直して、チェーンとディレーラを確認。
問題ない。気を取り直して下りを走る。
すると今度はプーリーで歯飛び。同じ周期でペダルが空振りする。
チェーンが歪んだ?とか色々考えストレスを感じながら。下りなので何とかやり過ごす。
しばらく走ると自然に直った。
このまま江の川沿いを下り、グリーンロード大和まで。
昨年はこの平坦区間で足が無くなり、前のオジサンに引いてもらいっぱなしだった。
(その足が切れる前が今年の石見のトップページの写真。)
今年は一人で昨年よりも早いペースで走れた。
グリーンロードで先に行っていた福田さんと弟と合流。
ほんの少し待つと岩見さんがわたなべくん到着。
ここで全員揃い粕淵まで。
距離も短く平坦基調だが足が回らない。
ほぼ福田さんの一本引きで粕淵までトレイン。
リミットを1時間残して到着。
ここから三瓶。昨年と違う道。
これがまたキツイ。長い。
いやらしい勾配の変わり方。キツイと緩いの繰り返し。
福田さんは軽い走りですぐに見えなくなり弟と並走。
この辺で気付いたが、どうも自分は急勾配で人より若干速く走れるみたい。
石見高原で追いついたのも、このおかげか?
苦しみながらも上りをクリア。西の原を越えZ坂へ。
これまた最後にエゲツナイ。
弟もそうだったが、うちはみんなが西の原がエイドと思い込んでいたらしく、このとどめの一発は効いたと思う。
三瓶バーガー前で配られたマンゴーシャーベットが最高に美味しかった。
市販品ではなく、この日の為に作ったと係りの人から。
三瓶バーガーも食べたかったが胃が受付る様子では無かったのでパス。
また別の機会に。
ここから下るとあっという間。
景色が最高。快調に下りめでたくゴール。


チームジャージで揃って走れるのは気持ち良い。
個人的には昨年より体力も気持ちも若干の余裕があったことが自信になった。
昨年は前だけを見て走っていたけど、今年は景色を見れる余裕もあったしね。
皆さん、お疲れ様でした。