tsumu26u’s blog

ブログ新しくしました

中国サイクルグランプリ ノービス

僕、弟、岩見さんで行ってきました。
やりました。


○中国サイクルグランプリ ノービス 2位 40分26秒12、189拍(MAX201拍)、93回転


朝8時半に自宅出発。
今回は下道で会場まで。ナビに惑わされながらも12時着。
10年物のナビは全く信用ならん。


エキスパートのレースを見ながら受付をすます。
でおにぎりを食べながら準備をして軽くアップ。
岩見さんと合流。
ローラーを持ってこなかったので公園入り口からの坂を往復。
下道で来たので運転疲れで足パンパン。エコノミークラス症候群
走ったら少し軽くなってきた。
何度か往復し上げ過ぎないところでアップ終了。


スタート30分前。
出走サインをすまして整列へ。
既に20台ぐらい前にいる。
今回はローリングスタートと聞いてるのであまり気にしないように。
スタート前には横に広がったので2列目になった。




定刻になりスタート。
最初の下りまでの距離がいつもより長いので集団が上手くバラけて突っ込むときの位置取りがしやすくなった。
安全、安心して突っ込める。
はじめの緩い登りで辺りで中学生とプロポスタの選手2人が抜け出す。
自分も抜けて追いかける。
追いついて一旦吸収。もう一度同じ2人が出てそこにビチノコともう一人の4人先行。
そのまま三段坂へ。坂に入った頃に先頭4人吸収。
ここで残っていたのが10数人ぐらい?
意外と多い。
登りは周りの足を見ながら走る。
登れる人登れない人の確認。
どうも自分は登れる方のようなので安心して3段坂をクリア。
集団はそのまま2周目へ。
ここで先頭になって下りへ。
MSDの方と自分のほぼ2人で先頭交代しながら集団を牽引。
最初の下りが終わった辺りで弟が残っていることに気付いた。
上り始めると弟がサクサクと前に出て集団とちょっと距離が開く。
誰も追わない。フェンスのストレートでもう一度集団がひとつに。
集団は全然減ってない。登りでもみんな着いてくる。
ちょっとまずいかな。と思いながらここもMSDの方と2人で集団を牽く。
2回目の三段坂。まだなんとかアタックできる。
集団の様子を見ながら前方で展開。2段目を越えて先頭に。
事前に思い描いた展開に持ち込めそう。3段目でアタックして逃げ切り。
しかし自分の巡航能力では一人で逃げ切れない。
だれか出てこないか?
このままゴールスプリントか?
と思いながら3段目突入。
すると「右行きます!」と後ろからの声。
城北中の子が来た。これに乗るしか勝機はない。
すぐに反応して2人でピーク越え。
後ろを振り返ると他に誰も来てない。行くしかない。
2人で先頭交代をしながら必死にペダルを回す。
「いける?」と声を掛けると
「しんどいです。」と返事。そりゃそうだ。
もう吐きそうなほどきつい、けど前へ、前へ。逃げる。
後ろを振り返らずに前だけを。橋を渡り最後のS字カーブ手前、先頭交代したタイミングで城北の子から千切れる。
回らない。登り手前で後方を確認すると集団がS字カーブに入りかけてる。
近い。まずい。ここまで来て集団に飲み込まれたくない。
その一心で嗚咽を上げながら最後の坂を駆け上がりホームストレート。
後ろを確認しながら必死に逃げる。近づいてくる。
最後、ぎりぎり逃げ切った。

岩見さん写真ありがとうございます。


弟は6入賞、岩見さんは西チャレの記録更新ということでチームにとっていいレースだったな。
ジャージも少しは認知されただろうか。

自分の思い描いた通りの展開に持ち込めて2位に入賞できたことが素直に嬉しい。
欲を言えば優勝だけど、もう少し力をつけんと。
今回走る前から決めていたけど来年の西チャレからは3周にエントリー予定。
ひとつクラスを上げてレベルアップするように。
次は今年最後のおきなわ100km。